長谷川栄雅と「日本の美」

2020.01.10

日本酒体験 酒の肴 [監修:大阪『La Cime』髙田 裕介シェフ]

期間限定でトップシェフにご監修頂いている、長谷川栄雅六本木 日本酒体験の肴(アテ)。

1月10日からの3ヶ月間を担当くださるのは、ミシュラン2つ星、また「2019年 アジアのベストレストラン50」でNo.14を獲得する、大阪のコンテンポラリー・フレンチレストラン「La Cime(ラ・シーム)」オーナーシェフの髙田裕介氏です。

<メニュー概要>

栄雅 純米大吟醸:蕗の薹/アンチョビ

栄雅 特別純米:山葵/胡桃ケーキ

長谷川 純米大吟醸三割五分:菜の花/ハマグリ

長谷川 純米大吟醸五割:シャドークイーン/桜エビ

長谷川 特別純米:晩白柚/海ぶどう/木の芽

髙田シェフの料理は、食材の組み合わせや香りの使い方など、枠にとらわれない自由な発送を起点に、細部まで緻密に構成されます。「宝石箱のような芸術的な料理」と評される逸品は、現在の時代にあったフランス料理として、日本のみならず世界中で高い評価を得ています。店名「La Cime」は、フランス語で「頂上、山の頂」を意味し、ゲストと料理、空間という、3つの頂点をつないだ最小の多角形が、互いに支え合うことで、常にこの瞬間にしかない料理を創出したいという思いが込められています。

今回の監修にあたり、髙田シェフは、「日本の食材をふんだんに使うラ・シームの料理は、日本酒との相性が良いと常々思っておりました。このような素晴らしい日本酒に料理を提供できることを嬉しく思います」と述べられました。

日本酒を通じて、日本の文化や風土の豊かさに触れる喜びをご提供したい。ヤヱガキ酒造のその想いに共感くださった髙田シェフによる肴は、長谷川栄雅5種の酒と芸術的なマリーアジュを生み出します。

普段は大阪でしか味わうことの出来ない髙田シェフの料理とともに、長谷川栄雅の味わいをお愉しみいただけるのは、3月末までです。ぜひ期間中に、ご予約くださいませ。

「日本酒体験」のご予約はこちらから

 

● 髙田裕介氏(『La Cime』オーナーシェフ)プロフィール

1977年、奄美大島に生まれる。辻調理師専門学校卒業後、大阪市内のフレン チ、イタリアン数軒で9年間働く。07年、渡仏。「タイユヴァン」、「ミーテ ィング」、「ホテルムーリス」などフランスの3つ星レストランで修行を積み 、09年に帰国。数店を経て、2010年に現店をオープン。

2012年にミシュラン1つ星獲得、2016年2つ星に昇格。2017年も2つ星を獲 得し、国内外から様々なオファーを受け業界内から注目を集めている。 食材を起点に、フランス料理の枠にとらわれない柔軟な発想力によって料理を 生み出し独自の世界観を持つ。アートや写真、音楽にも興味があり、常に感性 を磨きながら表現の幅を広げている。

「La Cime」ウェブサイト